スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホームページリニューアルに伴うブログ引っ越しのお知らせ 

トピアのホームページをリニューアルしました。

URLは今までと同じです。
http://www.topia-i.co.jp/

ブログは引っ越しをしましたので、下記アドレスをご覧ください。
http://www.topia-i.co.jp/blog/

どうぞ宜しくお願い致します。

スポンサーサイト

いちご 

3年前に、知り合いの方からいちごの苗を3株いただき植え付けました。
水やりを怠ったせいか1株枯れてしまいましたが、2株が頑張って育ち、子株も増えて今年も実を付けてくれました。

いちご1

いちご2

早速食べましたが、肥料が少なかったせいか小さくてすっぱい。
でも自分で作ったものはそれでもうれしいものです。

来年はもう少し大きく甘くなりますように!!

工務部 大谷

構作舎さん 

先日、御自宅を建築中のお施主様と共に構作舎さんを訪ねました。

山口市糸米の高台に、キュービックな外観が印象的な建物をご覧になられた方もいらっしゃるとは思いますが、そこがステンドグラス工房『構作舎』中村さんのアトリエです。

遠くにザビエルの尖塔を眺めながら山口市街を一望できるアトリエの窓。
その窓辺には色もテクスチャーも異なる様々な時代の、様々な国のガラスが並べられ、静かに、それでいて確かな存在感をもって光を放っています。

この日御案内差し上げたお施主様は、幼いころに通った幼稚園のステンドグラスの美しさが忘れられず、是非新居にも取り入れたいとの御要望でした。この日は中村さんに大まかなイメージをお伝えになり、詳細はお任せということでお別れしましたが、どのようなデザイン提案がなされるのか自分も楽しみです。

決して否定するわけではないのですが、既成品にまみれた建築があまりにも多く存在するように、ステンドグラスもまたきらきら光るお手軽な雑貨の一つとしてとしてあちらこちらで見かけます。ですが中村さんの造るステンドの光は、みなもに波紋が広がるような、さりげなく、空気の中にしみ込んでいく本物の透明感があります(色があるのにやはりこの光は静かで透明です)。

きっと建築の中での光の在りようを本当に知っておられる作家さんだからこそ、こんなステンドがうまれてくるんだなぁと感じることのできる体験でした。

ステンドグラス1

窓辺に並べられた様々な色のガラス

ステンドグラス2-1

ステンドグラス2-2

色もテクスチャーも異なるガラスのピースが組み合わされて静かな光を放っています


設計部 大橋

定期訪問より 

5月17日に2件のお宅を定期訪問させていただきました。

I様邸

I様邸
1枚の絵の様にも見えます。この空間でギターを弾かれながら、ご家族の団欒を過ごしていただいているのでしょうか。
ご主人のギターを囲み楽しく過ごされている様子を想像してしまいました。
床材は特に気に入っていただけた様で、私も嬉しいです。楽しい時間を過ごされる事を願ってます。

S様邸

S様邸
まず目に飛び込んできたのはご主人自作のテレビ台と収納ボックス。
手造りならではの温かみを感じ、共に造る家造りは私の願う事なので、とても嬉しく思いました。ご自分達の手で工夫され、形にしていかれる中で愛着をもっていただけたら嬉しいです。
ひとつひとつ積み重ねて築かれた物は、年月が増す毎により味わい深いものになるでしょう。

2件のお宅を訪問させていただき、喜びの声をいただきました。ありがたい事です。
家造りというのは、完成がゴールではなく、そこからご家族がオリジナルで造り上げられる新たなスタートだと感じます。
より温かい空間の中で、ご家族の関係を深めていただける事を、心から願っています。

設計部 上田

赤いタケコプター 

新緑が目にまぶしい季節がやってまいりました。
トピアのお庭も、春から初夏の様相に。
それと共に雑草たちも活気を増しています。
その中で密かに一大勢力になりつつあるのがモミジたちです。

モミジ2

かわいらしい赤いタケコプターみたいな種たちがくるくると下り立ち、芽を出していきます。
ちいちゃいながら既に立派なモミジの葉っぱです。
先日、社内で一斉に草取りをしたにもかかわらず、相変わらず勢力を伸ばし続けています。
モミジ1

季節そのものは見ることができませんが、お庭を通じてその移ろいを楽しむことができます。
外は暑いので、外断熱の快適な社屋からゆっくり庭を眺めにいらしてはいかがでしょうか。
最後は宣伝です♪
営業部 北村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。