FC2ブログ

月別アーカイブ

 2009年11月 

東京町家 1 

11月半ば、SC(ソーラーサーキット)四季の会主催による研修のため東京へ赴きました。
今回の研修は、関東にてソーラーサーキットを展開する高砂建設さんの訪問と、相羽建設さんという工務店のモデルハウスを視察することが主な目的でした。
……が、モデルハウスの見学にわざわざ東京まで出向くのには訳があります。

相羽建設さんはSCの対抗馬でもあるエアパス工法と、建築家 伊礼智さんとのタイアップによる『東京町家』を展開する工務店です。〝建築家 伊礼智〟と言っても皆さんにはなじみがないとは思いますが、建築系専門誌には隔月のペースでその作品が紹介される著名住宅作家の一人です。

〝建築家〟といえば建築を通して社会を啓蒙する〝先生〟というイメージと共に、その作品は、建築的思想は理解できるものの、作品を日常生活の器である〝家〟として捉えた場合、生活の中のリアリティーに欠けたものが多くあるように思われます。
(かっこいいけど、斬新だけど、寒そう、暑そう、使いにくそう……)

そんな〝先生方〟の中にあって伊礼さんの住宅は、派手さこそ無いものの無駄をそぎ落としたシンプルさと、生活を見据えた現実感、住まい手に対する誠実さがその作品に表れているようで、私の中では「いいなぁ~」と思える建築家の一人でした。

そんな伊礼さんの住宅作品を見ることが出来る……考えてみれば設計事務所の監理下で世に送り出される個人住宅のほとんどが雑誌以外ではその内部を見ることは出来ませんし、ましてや考え抜かれたディテールを間近に見たり、その空間を体験できる機会など皆無と言っても過言ではありません。

そんな訳で新幹線と地下鉄を乗り継いで東京は東村山まで出向いたのですが…続きはまたの機会に詳述させて頂きます。

東京
東京という超人口密集地では至極当たり前のことですが、
敷地も床面積も山口では考えられないほどに小さな物件です。

敷地面積 : 114.43㎡(33.71坪)
延床面積 :  84.09㎡(25.44坪)

設計部 大橋

スポンサーサイト