FC2ブログ

月別アーカイブ

 2010年07月 

夏は図書館 

暑い日が連日続いていますが皆様いかがお過ごしでしょうか?
私は夏に弱い方ですが、今年は食事に気をつけて夏を乗り切りたいと思っています。

さて、夏になるとお祭りや、海水浴やプールなど、楽しいイベントが多いですが、私は夏になると、図書館にどうしても行きたくなります。
図書館で本を真剣に読む訳ではないのですが、外の暑さを遮断してシーンと静かな館内のソファーに座ると、とても心地良く癒される気がします。

山口市には図書館が山口市立図書館と山口県立図書館が2箇所あります。
山口市立図書館は2003年に磯崎新氏の設計した建物ですが、現代的なつくりになっています。座る場所で、光や音の伝わり方が全然違う為、毎回違う場所に座るのが楽しみです。また、蔵書も豊富で気になる雑誌のバックナンバーを探して読むと時間がたつのを忘れます。

山口市立図書館


一方、県立図書館は1973年に鬼頭梓氏の設計で開館した建物ですが、その佇まいは何度行っても圧倒されます。老朽化が進み、歴史を感じる建物ではありますが、デザインの渋さは時代を感じさせません。
特に館内に入ると中庭からの光の絶妙な明るさと暗さのコントラストにとても落ち着きます。目的別に空間が完全に分かれたつくりになっていますが、部屋ごとのソファーや書棚、机などの配置も魅力的です。県立図書館に来ると、本を読むというより完全に建物探訪状態になります。

県立図書館


さて、全く雰囲気の異なる図書館ですが、図書館が好きそうな知人に、私立図書館派OR県立図書館派か聞いて見ると、かなり好みが分かれていて面白いです。それぞれ、好みの理由を聞くと自分とは違った着眼点に発見もあります。ちなみに私は県立図書館派です。
図書館好きな方は、私を見かけましたら、私立図書館派OR県立図書館派どちらが好みか教えて頂けたらと思います!只今データ収集中です。

営業部 福田

スポンサーサイト