FC2ブログ

月別アーカイブ

 2012年11月 

高齢者等級3 

毎週、腰痛(ヘルニア)で通院しています。
何でもない動きでも日々の生活に支障を来たす様になりました。
玄関の上り框、立ち上がる時、座る時等々。健康な時には必要がない手摺、しかし自分がこのような状況になると、ここに手摺が必要とか、この高さの段差は上がりにくいなどいろいろと気が付く事があります。

弊社では地域型ブランド化事業に山口エコ・セ・トラの会のグループで採択され、これから着工する現場が数件あります。
その山口エコ・セ・トラの家の設計基準の一部に必須項目として高齢者等級3があります。
内容は将来の高齢者等の寝室設置、手摺の設置基準、段差の解消、開口部の基準等があり健常者では必要ない項目もありますが、これからの高齢者社会のためにも必要だと思います。でも私は今、高齢者ではありません・・・。でも手摺は必要かも?

設計部 上田

スポンサーサイト