スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食の文化 Part3 

寒い!昨日は山口市内結構雪が降りましたね。風邪やインフルエンザもかなり流行ってますが、皆さんいかがですか?今回ご紹介させていただくのは、そんな状況で心身共に弱っている方に試していただければというハーブのお話です。

ハーブの中には免疫機能を高める効果や、風邪の諸症状を緩和する効果のあるものがあります。食材の味付けや、アロマテラピー、ダイレクトに楽しめるのはハーブティーかと思います。

ハーブは薬草として使われたのですが、今から5000年も前のメソポタミア時代にさかのぼる様です。医学的に使われていたので、文明の流れにより呪術としても使われました。
それから時は大航海時代になり、世界的にスパイスと共に広がりました。当時はスパイス同様、大変希少で高価なものでした。

さて、実際に料理の味付けやハーブティーとして楽しめ、この時期の風邪予防や体力回復に効果的なのは、ジンジャー、レモンバーム、ローズヒップ、セージ、ペパーミント、オレガノ等があります。午後のひとときに、あたたかい夕食に、ぜひハーブをお楽しみ下さい。僕は、鯛の香草焼きが好きですね!

工務部 花本

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://topia77.blog25.fc2.com/tb.php/282-5137da73

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。